ハニーココ 副作用

ハニーココの副作用の危険性について詳しくご紹介します。ハニーココを服用中の方、これからハニーココを服用しようか検討している方は参考にして下さい。
MENU

ハニーココの副作用

ハニーココ副作用

バストアップやウエストのくびれ、ダイエット効果、美肌作用といった、魅惑的なきれいめガールになるためのあらゆる要素が成分に凝縮されているハニーココですが、飲んでいて何か副作用はあるのでしょうか?

 

「きれいになりたい気持は満々だけど、何か副作用が起きると困るな」、と心配している方へ。

 

今回はハニーココに配合されている成分を一つずつ検証していきながら、それぞれどんな副作用があるのか?といった事を検証していきたいと思います。

 

ハニーココ成分別の副作用チェック項目リスト

これからハニーココに配合されている成分を一つずつ分析していって、何か副作用があるのかどうか?といった事を調べていきたいと思います。

 

プエラリアミリフィカ

プエラリアミリフィカといった風に女性ホルモンの分泌を作用する働きのある成分は、ただ単に大量に摂取すればよいといった訳でもありません。
1日の摂取限度量を守らないと、ホルモンのバランスが崩れて心身共に不調をきたす場合があります。
副作用が起きるパターンとしては、

 

・不妊治療中
不妊治療中には、女性ホルモンをコントロールする成分配合のピルが処方されます。
だからそれと併用して女性ホルモンの分泌を盛んにするサプリメントを摂取してしまうと過剰に女性ホルモンが分泌されてしまうので、体調を崩してしまう可能性があります。
ハニーココではプエラリアミリフィカの1日の最大摂取量の250ミリグラムを配合しているので、ハニーココ以外にもしも不妊治療といった理由で産婦人科でピルを処方してもらっている場合には、女性ホルモン成分を過剰に摂取する事にもつながりかねないので、事前に産婦人科の医師にきちんと申告するようにしましょう。

 

・妊娠中
妊娠中は、女性の体は自然と女性ホルモンの分泌が盛んになります。
それも時期によってエストロゲンの分泌が盛んになったり、プロゲステロンの分泌が盛んになる時期といった風にホルモンバランスが崩れやすいので、プエラリアミリフィカ成分の摂取は控えないといけません。
妊娠中の方や妊娠の可能性が高い方は、ハニーココの摂取を中断して下さい。

 

・生理中
生理中もエストロゲンとプロゲステロンの分泌がいつもよりは狂ってきます。
ハニーココに配合されているプエラリアミリフィカ成分はエストロゲンの分泌を促す作用があるので、ホルモンバランスを崩してしまうリスクがあります。
通常ですとエストロゲン1:プロゲステロン2といったバランスが理想的なので、生理中にはハニーココの摂取を控えた方が副作用が起きるリスクを軽減出来ます。

 

・副作用の種類
プエラリアミリフィカの摂取によって起きる副作用の種類としては、不正出血、生理不順、吐き気、めまい、動悸息切れ、頭痛、むくみ(太る)、腹痛などが挙げられます。
もしも摂取していて異常が現れた時には、すぐに服用を中止して下さい。

 

ビオチン

ビオチンはビタミンの一種で、副作用の心配は一般的にはないので、安心して大丈夫です。
ハニーココでも1日に必要な摂取量を超える成分配合はしていません。
ビオチンは白髪予防にも高い効果を発揮してくれます。

 

プラセンタ

胎盤とも呼ばれている万能な美容成分ですが、過剰に摂取する事によって生理不順や吹き出物といった一時的なトラブルに見舞われる事もあるかもしれませんが、継続的に摂取していく事によってその症状も次第におちついてきます。
ハニーココではプラセンタも適量に配合しているので、安心して摂取して下さい。

 

レッドプロポリス

蜂アレルギーのある人は使用を控えて下さい。

 

セラミドP−1

セラミド成分も小麦や米からの抽出する他にも、こんにゃく芋から効率よく摂取出来ます。
もしも小麦アレルギーを持っている方は、アレルギー反応が出てきたら摂取を控えるようにして下さい。

 

ローズヒップ

過剰摂取すると吐き気や食道炎、頭痛といった副作用が見られますが、ハニーココでは適量しか配合していないので副作用の心配はしなくてよいようです。

 

コエンザイムQ10

安全性の高い成分なので、積極的に摂取しても大丈夫です。
ハニーココでも適量を配合しています。

 

コラーゲンペプチド

たまにアレルギー反応として、ニキビや吹き出物、じんましんが出る場合もあります。
それも過剰に摂取する事によって起きる場合が多いのですが、ハニーココでは適量しか配合していないので、ハニーココ以外にコラーゲンドリンクを飲んだり、コラーゲンサプリメントなどを摂取していない場合は大丈夫です。
コラーゲンは基本的にたんぱく質成分なので、アトピー性皮膚炎の人はコラーゲンによってアレルギー反応を起こす場合もあるようです。

 

コレウスフォルスコリ

便が柔らかくなるといった症状があるようです。
コレウスフォルスコリには血圧を下げる作用があるので、元々低血圧の人はめまいや動悸といった副作用に注意しましょう。

 

L−カルニチン

過剰摂取した場合に下痢や胸やけが起きる場合もあるようですが、ハニーココでは適量しか配合していないので安心して摂取して下さい。

 

メリロートエキス

大量に摂取した場合には、肝機能に異常をきたす恐れがあります。
ハニ―ココでは適量しか配合していませんが、もしもこういった症状が現れた時には使用を中止して下さい。

 

副作用まとめ

ハニーココを飲んだ場合にどのような時に副作用が起きるのか?といった事をこれからまとめてみます。

 

・妊娠中
・生理中
・元々アトピーやアレルギーを持っている人
・低血圧気味の人
・肝機能が弱くなっている人
・不妊治療中の人

 

などです。
こういった条件に当てはまる人は摂取を控えるか、事前に医師にハニーココの成分が記載された物を見せて相談してみると良いかもしれません。
一般的には副作用がないようにと成分の配合バランスにも細心の注意を払って開発されている製品ですので、安心して使用できるようになっているから、バストアップや美肌、ダイエットを頑張りたい方は是非検討してみて下さい。

 

まとめ

今回はハニーココに配合されている成分の副作用の可能性について一つずつ検証していきながら解説していきましたが、きちんと理解していただけましたか?
上記に挙げたような注意点がない方は安心して摂取していけるサプリメントですので、ゆるく楽してキレイを目指すためにも是非活用していって下さいね。

 

このページの先頭へ